累計:  本日:  昨日: アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2008年05月27日

父のケアマネからの電話

着いたらしいです。
私の速達。

まあ、ケアマネの反応、
あんなもんだったから、
逆に、どん引きでした。

まあ、いっか〜。
何とかしてもらえると思ってなかったしね。
すべて、伝えた。

あとは、当事者たちがどうしたいか?
どうしていくか?
どうぞ、行動してください!
そういうところでしょう。

無理無理、いやなところを我慢するのではなく、
自己決定の元に、おやりくださいと、
そういうことです。

いろいろと、
心配なことも山積みですが、
拒否まくりの、我が両親のやり方であれば、
こう対処するのもありかと、考えます。

どうなることやら、
楽しみであり、うんざりであったりもします。
posted by BURIO at 22:36| Comment(0) | 私の両親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。