累計:  本日:  昨日: アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

2011年07月27日

両親の事

入院していたケアマネからのFAX
なんか、わたしの両親、やばいみたい。

毎週のようにわたしが通い介護をしていたときって、2年前?
それから、拒否やら、いろいろあって、
わたしが余計なことしすぎる的なことがあったから、
とりあえず、手を引いてました。
遠距離の妹、同居の弟からも、一切、連絡をもらえず、
余計なことをしてはいけないんだと
そう学習したわたしは、おとなしく、傍観者してました。

で、、、
そのころより、予想はしていたけど、
あまりにも
まんまな、
最悪な状況に向かっており、
その通りになってしまい、
果てさて、どうしましょう?になってしまいましたとさ。

本人達の望み通り????
そうなんですか?

再三、わたしが提案し、お願いしたことを全て拒否して、
自ら主張してきたことが、
全て、諸悪の根源なんだよ、と。わたしが言い続けていたことは、リアルにほんとだったんだよって、結果が出てしまいました。

ここまできたら、
本人達に、始末をつけていただくしかないと、
わたしは、そう、考えます。

SOSをくれた、ケアマネ、遅すぎた感はあるけれど、
よくやってくれました。
わたしの兄弟に留守電入れました。
返信がアルかどうかは疑問です。

わたしの出来ることを考えます。
このままでは
いけません。

何も、しないで、
入所は、いけません。

きちんと、当事者に確認して、
考えて、、振り返って自分たちのすべきこと、を
認識して、考えて、
感じてもらい、
そして、
納得してもらわないと。
自分の事なんだよと。

人のせいにして、
片付けて欲しくない。
それだけは
わたしはゆるさない。
【関連する記事】
posted by BURIO at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。